文化教學

腰帶結種類
八千代結
 - 準備的小物: 袋帶、帶締、帶揚、帶枕、帶板、領夾、徦紐、彩色橡皮圈。
 
 
雅遊結び(太鼓系)
 - 準備的小物: 袋帶、帶締、帶揚、帶枕、帶板、領夾、徦紐、彩色橡皮圈。
 
  - 結緣的重點:
1. ての長さ80~100CM取る、垂れは上に一結び
2. 結び目の際を垂れを開け(手先とたれの方)
3. たれ先よりやく20CMの位置で1目の箱ひだを作り(仮紐を押さえて)
      仮紐約50CM所で箱ひだを2目の箱ひだを整える(クリップを留め)
4. 手先二つ折りのまま、右から左に折り返し、片ひだを作る(ゴムで留め)
5. 2目の箱ひだを整えて、1目の上に乗せて、2目の箱ひだの裏側に枕を合って、
       胴の結び目の上に置く
6. 帯締めは胴廻り5~6CM上に着ける、残りのたれを二重(枚)仕上げます。
 
花きらら結び(文庫系)
- 強調保持脊椎穩定的力量,腹部維持適當的張力,而呼吸時兇過的後下方往兩側擴張,刺激肋骨與腹部間肌肉的收縮,刻意穩定核心肌群,使身體顯得較為輕盈,採取較不磨損身體的動作姿勢呈現古典的優美舞姿。
- 結緣的重點:
1、 手の長さ100CM取る、二つの柄止まりが胴脇にして、手の上に一結び
2、 ての表を見て、屏風たたみ7~8個を取って、ゴムで留める
3、 垂れ先の表を見て、垂れ先45CM所に裏箱ひだを作り。
 
 
    * 最後修改時間:2013-06-26 11:43:02